Blog

ブログ

■新しい年を迎えるにあたって、厄払いの方法、1つ

2016年 12月 30日

20161230_132639_hdr

☆レイキヒーリング と 透視リーディングの 「スピリチュアルクリニック 水野和mizunowa」です☆ 

 

 

 

イマイチな写真ですが、主人の実家、恒例の餅つきに行ってきました。
お餅が黄色いのは雑穀のキビが入っているからです。
桃太郎のキビ団子のキビ。
私のリクエストで、1枚だけはキビ餅にしてもらってます。 
    
    
   
==========
 

 

今年一年、「スピリチュアルクリニック 水野和mizunowa」をご愛顧いただきまして、
まことにありがとうございます。

 

長野市のみならず、他市からも、他県からも時間をかけてお越しいただいた方々、
SkypeやLINEのTELなどで遠隔リーディングさせていただいた方々、
定期的に遠隔レイキヒーリングを受けてくださっている方々、
また、今年は海外からも何名かご要望いただきました。

 

皆様のおかげで、今年も無事過ごさせていただきました。

来年以降は、個人的事情もあり、大きく飛躍していかなければと思っています。
ますます、気を引き締めて、かつ楽しくワクワクしながらまいりたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。
 

 

 

 

==============

 

さて、本題です。
私のブログ、ちょっと厳しいかなってこともいっぱい書いています。

というのは、「スピリットリーディング」で覚えていることをシェアして、
役立ててもらえばと思って書くことが多いのですが、
記憶に残っていて、役に立ちそうなことって、少しインパクトのあることなんです。
優しい言葉は、ほとんど忘れてしまいます。
   
 
   

そして、「スピリットリーディング」で聞いたこと以外にも、
今回のように、
私が得た智慧、考えたこと、思ったことなども、書いていますが、
これも結構厳しめかなと自分でも思います。

 でもって、今日のブログも、そんな感じで、ビシバシ系ですので、
いろいろ言われるのはイヤ!という方は、ここで読むのおやめくださいね(笑)

 

 

来年春ころからは、遅まきながらメルマガをしようと思っていますので、
知ってほしい!と思うことは、そちらで書こうかなぁと、現在模索中です。

 

 

 

 

 

 

さて、年の暮れに、今年の厄払いをしませんか?

 

 

 

新年を迎える前にやっておくといいなと思って、
この年の暮れに、急に書くことにしました。

厄払いと言っても、今回私が1つご提案するのは、どこかに行って、お札買うとか、護摩炊きしてもらうとかではなく、
お家の中で、一人でできること、
あなたにしかできないことです。

 

 

今年を振り返るこの時期、
嫌なことがあった、まだどうも気持ちが収まらない、どうしてこうなっちゃったかと悩んでるあなた、
あなたのための方法です。

今年だけじゃなく、今年も!!引きずっている、という方には、是非に!!

 

 

 

 

 

正直、簡単にはきれいサッパリするわけではないと思います。
逆に、ほんとうに真剣に取り組んでくださった方は、悩みが深まるかもしれません
でも、それはとってもいい深まり。
「浄化」への一歩です。

 
 
お部屋のお掃除も、
掃除機でも、ワイパーでも、ぞうきんでも、 とにかく何か持ってきて、何かしなくちゃ。

心のゴミも同じです。
とにかく、何かやってみましょう。
 
 

やってみたら、マジ大変!!と思ってくださった方ほど、
真の汚れに手を付けたんだ、と思ってください。

ちょっと大変な方法だけど、
ご自分に真剣に取り組もうとしている方に、お役に立てば。

 

 

 

 

 

こういう風に思ってることないですか?
  
あの人のせいで・・・」、
あの時のことがなければ・・、
私はしたくなかったのに・・、
 
「私以外の人や環境、状況のせいでそうなってしまった」

と思い続けていることないでしょうか?

それは厄です。

あなたが創りだしている心の厄。
 
 
 

 
 
 
 

 

あの人のせいで、あんなことがあったおかげで・・
そう思っているだけでは、そこにとどまったまま。
その恨みや苦しさの中にいて、出てこれなくなります。

まず、知っておいてください。

どんな出来事も、あなたにとって、悪いことはない。
そして、
それはあなた自身が引き寄せている、ということ。

 


 
勘違いしないでくださいね。
ご主人の交通事故や、息子さんの病気を引き寄せたのはあなただと言っているのではありません。
そんな、おどろおどろしい脅しではありません。
壺も買ってくれと言いません(笑)

 

あなたの想いは、あなた自身が創り上げているということ。

 

 

あなたが今感じている感情は、あなた自身のもので、決して誰かがあなたに押し付けたものではありません。

誰かから、こう感じろ!、こう思え!!と言われましたか?
起こった状況は、ほかの人が関与するかもしれませんが、
それに対しての想いは、あなた自身が作り上げているもの。
 
そこを踏まえてください。
 

 

 

え~~~?、でも、あの人が~~、あのことがなければ・・私はこんな風に苦しまない。
私が創り上げているんだとしても、
その原因はあの人でしょ!
 

 

かつて私も、親が・・、あの人が・・と長いこと思っていましたから、気持ちはわかります。

しかし、そう思っていても、現実は何も変わらない、
どころか、悪くなる、
これは何かが違う、何かを変えなければ、現状は変わらない、
そう気づいてから、
悩んで悩んで、
自分の想いと現実を突き合わせて、
その後、
仕事として始めた透視リーディングの「スピリットリーディング」で聞いた多くの智慧や、
「ヴェーダンタ」の学びから得た叡智によって、
今現在私が納得している、これが私なりの答えです。

自分が創った厄は自分が気づけば、取り払うことができる。

 

 

 

 

 

あなたの感情と想いはあなたが創りだしているもの。
そして、
その感情と想いに従って、あなたの世界を創り上げています。

 

 

つまり、あなた自身が心の底で、何をどのように思っているかが、
今、
あなたが体験している世界だということ。

 

 

 

 

 

すなわちそれは、

あなたが、自分の感情や想いに気づけば、
 
あなたが体感する

周りの世界も変わってくるということなのです。

 

 

 

 

 


 
私からもう何年もこういうことを聞いているクライアント様の中には、
以前はことあるごとに、
お母さんが・・、おじいさんが、お父さんが・・おばさんが、妹が・・・と、
ご自分の周りの人を総ざらいして、人のせいにしていた方がいらっしゃいましたが、
この頃は、人のせいにする言葉がほとんど聞かれなりました。
今でもいろいろ愚痴はおっしゃるものの、
最後には、落ち着いて、「これは私が起こしていること、わかってる」と、自分に戻るようになってこられました。


しかし、ここで止まってはいけません!!
これで止まると、そうよ私よね、私がいけないんでしょ、
すねた子供と同じです。

大人のあなたは、その次に行きましょう。

 

 

 

『あなたの何が、それを創りだしたのか』 を考えてみてください。

ここが大事。
これが、心の厄を払うポイント。
年明けを迎える前に、ちょっとだけ、冷静に考えてみてください。

 

 

あの人のせいでも、この人のせいでもありません。
周りの世界は実は中立。

そこに色づけしているのはあなた。
あなたの想いが、自分の世界を築いていたとわかります。

 

 


 
長くなってしまいました。
ここまでにしましょう。
 
わけわからないこと言われても、
私が創ってるって何?!(怒!) いけないのは、あのせいでしょ! 
という方もいらっしゃるでしょう。

知ってる!
自分が創ってるんでしょ!
と言いながら、恨みや苦しみの想いを他に載せておこうとする方もいらっしゃるでしょう。


  
  
 

 

 
 
暮れに大きなことを書きました。
わからなくたっていいんです。
気になった方は、ちょっとだけっとだけ頭において、この暮~正月を過ごしてみてください。
それだけで、心の厄が取り払われはじめますよ。

この後のことは、春ごろ開始予定のメルマガにでも書きましょうか。
コアな話になるので、ご興味ない方のほうが多いでしょう。
こういう話好き!という方は、その時にご登録くださいね。

 
 
  
  
  


しい年が、 もっともっとあなたらしい、素敵な年になりますように!!
 
 
 

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

「人生を変えたいあなたへ  本当のあなたに出逢いませんか?」
  
◆スピリチュアルクリニック 水野和mizunowa  https://mizunowa33.com/ 

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

カテゴリー: こんなこと考えました


CONTACT

ご相談・ご予約など

TEL090-2156-8909
E-mailhappy@mizunowa33.com
受付時間10:00 ~ 21:00(時間応相談)
定休日不定休

固定電話・携帯電話(有料)や、Facebook、 LINEのTEL(無料)、Skype(無料)も対応しています。

Copyright © mizunowa all rights reserved.