Blog

ブログ

■坂城町の「ばら祭」行ってきました よかったです(^^)

2017年 6月 9日

☆レイキヒーリング と 透視リーディング
  魂の通訳・・「スピリチュアルクリニック 水野和mizunowa」です☆ 

 

 

 

長野県坂城町の「さかき ばら祭」。

母の入所している千曲市の施設から、車で10分程度なのですが、昨日、始めて行ってみました。

川の土手沿いに作られていました。
坂城町の、町おこしの一環でしょうか、ここまでするのは、一苦労だったでしょうね。

 

 

雨の予報でしたが、ちょうどいいかんじの晴れ間の見える曇り空で、
やや肌寒いくらい。

 

 

 

中野市の「バラ公園」に比べると規模はぐっと小さめでしたが、
期待以上にいろいろな種類があって、結構楽しめました。

 

 

スタンダードなきれいな深紅の薔薇もありましたが、
オレンジ系が結構あるのに驚きました。濃い~朱赤から、優しい薄いオレンジまでさまざま。

 

 

紫色のバラも、なん種類もあるんですね~。

 

 

 

人の名前がついたバラも多かったです。

「プリンセス・ミチコ」とか、「フェンリ-・フォンダ」とか


「 J・F・ケネディー」とか、「マルコポーロ」なんてのもありました。

 

 

 

珍しい色の坂城町オリジナルローズ「さかきの輝き」というバラも。

 

 

歩き始めた時は、規模が小さいと思ったのですが、あちこち写真撮りながら歩いていたら、
ちょうどいいくらいの広さでした。

 

 

途中、屋台も出ていたので、お団子買って一休み。

 

 

たくさん見た中で、私が好きなのは春に咲く「小手毬」に似た、かわいい小さな白いバラがいっぱいついた種類
(名前が覚えられないので、メモ代わりにボードも写したのですが、半分しか映ってなくて分かりません)と、
バラっぽくない、桜のような、
「ピンク サクリーナ」という種類でした。
野バラのような素朴さが、可憐で好きになりました。

 

 

 

 

帰り際、
「ばら祭りのチラシ持ってくと『かつ丼と入湯料で1000円』」の看板を見つけて、
帰りはそのまま、
「びんぐし 湯さん館」に。

この頃になったら空も晴天、雨の予報はどこへやら。

いいお湯でした~。
露天風呂の五右衛門風呂のような「岩風呂」は温まりました。

 

受付で、かつ丼は売り切れで、冷やし中華になりますと言われたけど、
食堂の方が、「メンチカツでもいいですよ」と言ってくださったので、メンチにしました。
美味しかったです。

 

ばら祭りの入園料はなくて、すぐ下の駐車場代が300円。
でもそれほど広くないので、そこに入れなかったら、そばの無料駐車場に止めて、歩いていくことになるらしいですが、
それはちょっと遠そう。
案内係の方が何人もいらっしゃいました。

 

長野市のうちに帰って10分後に、予報通り、雨降りだしました。
ピッタリ、セーフ!。

 

 

このバラは、一緒に行った主人と、きれいだねと意見が一致した「ツル マリアカラス」
オペラ歌手のマリアカラスのイメージでしょうか。
品があってゴージャスでした。

 

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

「人生を変えたいあなたへ  本当のあなたに出逢いませんか?」
  
魂の通訳・・スピリチュアルクリニック 水野和mizunowa 
 https://mizunowa33.com/ 

長野にお越しいただけない方にも、遠隔で長野から世界

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

カテゴリー: この頃あったこと


CONTACT

ご相談・ご予約など

TEL090-2156-8909
E-mailhappy@mizunowa33.com
受付時間10:00 ~ 21:00(時間応相談)
定休日不定休

固定電話・携帯電話(有料)や、Facebook、 LINEのTEL(無料)、Skype(無料)も対応しています。

Copyright © mizunowa all rights reserved.